転載元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1553090407/

20190320-00000052-tospoweb-000-2-view
1: 名無しさん@おーぷん 2019/03/20(水)23:00:07 ID:z3I
日本ハムの若手選手の間で、リフレッシュに一役買っているものがある。

「ポケモンGOがめちゃくちゃはやってますね」と、ある若手選手。2016年のリリース直後は全世界で爆発的に流行。社会現象にまでなったアプリ「ポケモンGO」が、再びチーム内で流行しているという。

 同アプリはスマホの位置情報を活用することで、現実世界そのものを舞台にポケモンの捕獲や交換、バトルなどを体験することのできるゲーム。実際に歩きながらポケモンを探すため、健康促進につながるとの研究結果が報告され話題にもなった。一時は若者離れが指摘されたものの、現在は珍しいポケモンを捕まえることができるイベントが定期的に行われるなどで、再ブームの流れが来ており、何もないところに突然、人だかりができるなど、復活プレーヤーが続出している。

 日本ハムでもここ1か月、主に若手選手の間でプレーヤーが激増。春季キャンプが行われた沖縄では、日本では現地でしか出現しない限定ポケモン「サニーゴ」を求め選手らも奮闘し、出現率が低いため「サニーゴが見つからねぇ…」とぼやく姿も見られた。

 また、つい先日も期間限定で登場していた強力なポケモン「レックウザ」を捕獲するため、街中へ繰り出す選手も。複数人での協力プレーが必要とされるため「(選手寮のある)鎌ケ谷だと人が少ないので、オフを利用してプレーヤーの多い街へ繰り出して捕まえて帰ってきた選手もいましたよ」と前出若手選手は明かす。

 さらには「投手、野手問わずにみんなやってますね。(吉田)輝星もやってますよ」と、選手間で交流を深める、有意義なツールとなっているという。

 ちなみに選手寮のある鎌ケ谷には「ファイターズスタジアム」という名前の「ジム」がある。ジムには自分の育てたポケモンを設置できるため、タイミングさえ合えば吉田輝の育てたポケモンを見たり、戦ったりすることができるかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000052-tospoweb-base

2: 名無しさん@おーぷん 2019/03/20(水)23:00:44 ID:pBS
ポケットモンスター(意味深)

3: 名無しさん@おーぷん 2019/03/20(水)23:01:24 ID:oPm
ガッフェも一緒にやってそう

4: 名無しさん@おーぷん 2019/03/20(水)23:02:13 ID:z3I
栗の樹ファームにベロリンガがいるらしい

5: 名無しさん@おーぷん 2019/03/20(水)23:02:34 ID:nta
>>4
意味深すぎる

6: 名無しさん@おーぷん 2019/03/21(木)10:13:52 ID:F7X
ガッフェが選手を捕まえるゲームだろ?

7: 名無しさん@おーぷん 2019/03/21(木)10:15:10 ID:4HX
選手がガッフェに捕まらないように全国各地を逃げ回るゲームだから…

8: 名無しさん@おーぷん 2019/03/21(木)10:19:10 ID:Sry
>>8
逃走中か何か?