8D576953-2668-4FCE-B7A6-801FE6F186E8

2019年6月9日イースタン日ハムvsDeNA試合結果
https://www.fighters.co.jp/farm/result/2019060901/




【2回表】
先発の田中瑛斗が2アウト2塁から西森にタイムリーを打たれ先制点を許す

5AD91B89-4D4C-4F8B-84F1-99EE95B58629
FDF7339D-3C8A-4EE7-B11F-BD9511C77F2B



【3回表】
1アウトから宮本にソロホームランを浴び2点差に

00CC9017-F880-4681-AE84-C077877F22C1
3E44AAEB-3F45-4D9D-82D8-DB33C40E360A


2アウト1塁となり、細川の場外まで届く特大の2ランホームランで点差が4点に広がる
4C941CB8-A7F0-4903-9E76-27DE72317BA0
0B8C03AC-07AA-4299-AD6A-C27026953E1F



【4回表】
2アウトから四球とヒットで1・3塁のピンチを背負うも無失点で切り抜ける

1479099C-729A-4F79-BF55-15D004F91A10


田中瑛斗は4回を投げ2HR含む7安打1四球4失点と試合を作れず
652FE8A6-CE01-4353-B42A-1A61327AB345



【5回表】
2番手の高山が3番から始まる好打順を三者凡退に抑える好リリーフ

1287796D-B29E-45ED-A79A-E06826F2ECA2
6638B231-5251-4D41-890A-ACBDBE6BE5F8



【5回裏】
1アウトから万波が2ベースで出塁

404E96AA-7057-4B93-AA18-983E12E67F09


続く今井がライト前へヒットを放つも、ホームを狙った2塁ランナーの万波はアウトに
2230F521-264A-481D-9100-A749F59A232B
83A40BEC-8453-4CEC-860D-1A149E24DF7A



【6回裏】
2アウトから海老原の第7号ソロホームランで1点を返す

B9B3ADEB-3325-4F22-B542-4206D6C6D64F
6D81B926-4D19-4A38-A15F-F00C11EC2FFF
1DA85FFB-7A12-4879-92AB-F40E9CF0A5E2



【7回表】
6回からマウンドに上がっている福田が2イニングをパーフェクトに抑える好リリーフ

97F457D2-ED88-4127-871C-CE06BD6AEDB2
D4999A20-BBBC-4F34-8CE0-84E1FA39635B



【8回表】
この回から西村が4/29以来となる登板
連続三振を奪うなど1回をパーフェクトに抑える

F33AD047-4BD9-4B1B-99E4-CE4E038DEDB8
EE489011-8592-4B7E-B522-D6E349786D23
1B4E7582-B54B-4294-A039-485E64707BF5



【9回裏】
2アウトから谷内がヒットで出塁するも反撃ならず、DeNAに連敗
リリーフ陣が5回から1安打完封リレーを見せるも、打線が海老原のソロによる1得点のみに抑えられる

1A4E8B33-6463-4EB4-A4E5-ADBFF522AA55
7BAABD27-71C1-4E5E-A0FF-7D6125BEBCF6
46AA83A8-C2CD-49D3-AE5D-90F0932DBE05

<イースタン・リーグ:日本ハム1-4DeNA>◇9日◇鎌ケ谷

高卒2年目の日本ハム田中瑛斗投手(19)が9日、イースタン・リーグDeNA戦(鎌ケ谷)に先発し、4回7安打(2被本塁打)4失点で3敗目を喫した。

「今日はいいところが、なかったです」と変化球の制球に苦しみ、ストライクゾーンに集まった直球を捉えられて、反省した。

この日は結果を出せなかったが、着実にレベルアップしている。2軍戦では主に先発で8試合に登板し、防御率3・27。「投げさせてもらって、試合でつかむ、いい感覚は少しずつ感じています」と基礎体力を高めながら、試合の中でのスタミナもアップしてきた。

2軍首脳陣の期待も高い。加藤2軍投手コーチは「フォームが安定して、ムラがなくなってきた。でも、体はまだまだ」と話す。ただ、投げる土台が出来れば「とんでもない投手になるかもしれない」。身長184センチから投げ下ろす真っすぐの力強さが最大の売り。多彩な変化球を投げ分ける器用さもあるだけにポテンシャルの高さは若手投手の中でも屈指の存在だ。

他球団では広島山口や中日清水ら同学年右腕が1軍デビューし、チーム内でも吉田輝が12日にプロ初登板初先発を予定するが、田中瑛は「刺激にはなりますが、焦らないようにしたい」。次代のエース候補は、自分の出番が来るまで、鍛錬を続ける。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-06090811-nksports-base