転載元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569074776/

spo1909210001-p1

1: ぶーちゃんφ ★ 2019/09/21(土) 23:06:16.05 ID:OXCNdqpg9
 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(25)が13日にロサンゼルス市内の病院で左膝蓋骨の手術を受けた。オースムス監督によると、手術は成功したそうだが、昨年の右肘トミー・ジョン手術に続き、2年連続で体にメスを入れたことは球界を騒然とさせた。果たして来季、二刀流は無事復活するのだろうか。

 シーズンオフではなく、エンゼルスにポストシーズン進出の可能性がなくなったこの時期に手術したのは、来季開幕からの二刀流復活を見据えてのこと、との論調が多い。

 大谷が今回受けた手術の理由は、本来なら1つであるべき膝蓋骨が生まれつき2つに分かれていて、これまでは無症状だったものが、投球練習のなかで痛みを発症したからという。全治は8週間から12週間と発表された。

 MLBの公式ホームページなどによると、エンゼルスのエプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は「術後10週間をメドに投球練習を再開し、強度を上げていく。来春のキャンプには間に合うと期待している。打撃はほどなくできるようになる。12月か1月には打っているのではないか」と、大谷が来季開幕から二刀流で復活できると踏んでいる。

 一方で、楽観視していない声も根強い。経済誌「Forbes」は、大谷の今後を特集。「彼は“傷もの”だった」として、ここ数年の投手に関係する故障を挙げている。「エプラーGMは、左膝の故障も投球練習の強度を上げたところで起こったと言っている。大谷は最近の3シーズンではわずか15試合しか投げていない。来年、18カ月ぶりにメジャーのマウンドに実際に戻ることを成し遂げられるかは誰も予想できない」

産経:
https://www.sankei.com/sports/news/190921/spo1909210001-n1.html

8: 名無しさん@恐縮です 2019/09/21(土) 23:09:15.91 ID:bhh3Yan/0
余裕で復活だな 悪いとこ治して酷使してなあからな

9: 名無しさん@恐縮です 2019/09/21(土) 23:09:59.15 ID:2Ua7RTAY0
瞬間的なポテンシャルは凄いものを感じさせるけど
結局どっちも中途半端な結果にしかなってない
肉体的な限界で仕方なく・・・ではなく、早くどっちかに絞った方がいいとよ

13: 名無しさん@恐縮です 2019/09/21(土) 23:13:06.37 ID:V6bg69P50
>本来なら1つであるべき膝蓋骨が生まれつき2つに分かれていて

マジかい。大丈夫なんかい

22: 名無しさん@恐縮です 2019/09/21(土) 23:17:37.49 ID:symCHXmf0
これから先もスペ体質だけはかわらんだろな

30: 名無しさん@恐縮です 2019/09/21(土) 23:19:44.44 ID:iLGZ3SpJ0
結局中途半端で毎年終わる

32: 名無しさん@恐縮です 2019/09/21(土) 23:20:12.94 ID:iLGZ3SpJ0
ほんと怪我ばっかだろこいつ

61: 名無しさん@恐縮です 2019/09/21(土) 23:38:05.11 ID:5Yvyvzti0
年俸が高騰していないのが救い

50: 名無しさん@恐縮です 2019/09/21(土) 23:29:29.10 ID:nlriS1Po0
身体能力が高すぎて
それに体が応えられずに故障が各所に頻繁に出てしまう
という感じ

57: 名無しさん@恐縮です 2019/09/21(土) 23:33:58.04 ID:UtvDt2Lq0
大谷は手を抜くことを知らないから怪我をする
まあ太く短くでいいんじゃないか