転載元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1570694022/

201910070004-spnavi_2019100900012_view

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/10(木) 16:53:42.18 ID:swpPJ9/U9
 令和最初のプロ野球ドラフト会議。“何十年に一人の逸材”と言われる佐々木朗希(大船渡高)、甲子園でも輝いた奥川恭伸(星稜高)、そしてアマ球界ナンバーワン投手の森下暢仁(明治大)と「BIG3」をはじめ、今年も逸材がそろう。そんな注目すべきドラフト候補たちの評価を聞くべく、日米のベテランスカウトに直撃。広島東洋カープのスカウト部長・苑田聡彦スカウトと、フィラデルフィア・フィリーズの環太平洋担当部長・大慈彌功スカウトがドラフト直前に明かしてくれた。

 第1回は、ドラフトの超目玉、超高校級の佐々木と奥川の2投手。今年の“特A”評価は、大学生右腕の森下を含めた3人。森下は第5回の「即戦力投手」編でお届けすることとし、まずは、二人の“金の卵”を、日米の現役スカウトはどう見ているのか? すぐにでも一軍で活躍できるのか、心配すべきところはどこか、どんなピッチャーになっていくのか、海を渡っても活躍できるだけのポテンシャルはあるのか……ベテランスカウトならではの温かい視線とエールも送ってくれた。

・【連載一覧】日米現役スカウトが明かすドラフト直前の評価
佐々木朗希(大船渡高)

苑田スカウト「かっこいい、ひときわ光っている」

 最初に見たとき、衝撃を受けましたね。今年の夏前の仙台育英高との練習試合を見に行ったのですが、バスから(佐々木投手が)降りてきたときに、まずその姿に「あ~」と。これがオーラというのか、ひときわ光っている。グラウンドに向かって走る姿もまた、バランスが良くてかっこいい。スゴイ選手というのはそういうもの。今でもその姿が頭に残っています。

 キャッチボールも、一人だけ違う。かっこいい。ピッチングを見てさらに「おぉっ」と。初速と終速が変わらないでシューッとくる。うちにいた北別府(学)投手が糸を引くような球を投げていましたが、それにはまだ届かないにしても、キレが良い。

 そのときは、何か課題を持って投げていたのでしょう、全力では投げていないですが、キャッチャーのサインに忠実に、「このコースにこれを投げたらバッターはこうだ」「ここだと打たれても納得」ということを自分で確認しながら投げている。身体能力が抜けているだけではなくて、賢いんだなと思いました。

 大谷翔平投手(エンゼルス)の同時期と比べると、大谷の方が、体ができていましたし、球に力がありました。

 佐々木投手はまだ弱いところがあって、球速は163キロ出ていても、俗に言う“子どもの球”。でも、それだけにまだまだ伸びしろがあるんです。走り込んでいったら、まだ球速も出てさらに良くなる可能性を感じます。

 変化球も、スライダー、カーブ、フォークと、それぞれ精度が高い。コントロールもいい。何十年に一人という部類でしょう。

 不安があるとしたら、指にできるマメ。みんなできるものですが、すぐに治って指が強くなっていくマメと、治りかけのマメの中(奥)にさらにマメができるタチの悪いものがあります。やっかいなマメができやすい体質じゃなければいいですね。
 
 これだけ良いものを持った選手ですから、故障だけはしてほしくない。プロでは1年間は上(一軍)で使わずに、まずは体作り。ご飯をいっぱい食べて、練習して……。二軍戦で投げたら2週間ぐらい登板間隔を空けてやる。そういう育て方をしていくといいですね。キャッチボールは一軍のメンバーの中に入れても、ピッチングをするときは上の選手とは離してあげる。そうしないとどんどん投げて力んでしまって壊してしまいます。一度故障すると今までやってきたことがゼロに戻ってしまいますから。

 しっかり体を作ってうまく送り出すことができれば10勝はいけます。甲子園の出場はなく、大舞台を経験していないとはいえ、気持ちは強い。物おじもしないようですから、大勢のお客さんの前でも大丈夫でしょう。

2019年10月10日
https://sports.yahoo.co.jp/m/column/detail/201910070004-spnavi

no title

2: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/10(木) 16:55:06.96 ID:swpPJ9/U9
大慈彌スカウト「ヤンキース・チャプマンに匹敵する素材」

 これまで何十年も見てきた中でナンバーワンですね。左だったら、メジャー最速の169キロを出した、アロルディス・チャプマン(ヤンキース)に並ぶぐらい別格の選手です。

 私は、メジャーのスカウトをしていますが、「日本の高校生はどんなにすごい選手であっても直接アメリカに渡るのではなく日本に残った方がいい。NPBで実績を残してからメジャーへ」という考えでいます。佐々木投手に関しても、昨年まではそう思っていました。でも、今年3月31日の作新学院高との練習試合を見て「うわー!」と。「今すぐアメリカに行った方がいい」と考えが変わりました。もちろん、本人の気持ちがNPBですからそれでいいのですが、今、海を渡っても、ルーキーリーグなら圧倒的なピッチングをしますよ。心が折れるようなことはないです。

 これだけスピードがあると抜け球も多くなる傾向にあるのですが、そこまでバラけることもないですし、スライダーもフォークも良い。目で見たものをすぐ脳に伝達して、体を思うように動かせる先天的な能力もある。天才です。

 一つ心配なのは、この五十数年のドラフトの中で、地方の、野球強豪校ではない公立高校から1位指名を受けプロ入りした選手で、成功した者がほとんどいないということ。練習量や取り巻く環境が変化する中で、素材が良いから、期待が大きいからとすぐ一軍に帯同させ無理をさせては故障します。高卒の選手が、体ができるのは、人によって違いますが、大体3年目ぐらい。

 佐々木投手もまだ大人の体にはなっていないですから、体が落ち着くまでは、焦らず、慌てず、じっくり体と相談しながら練習していくことです。持っているものが違いますから、体が出来上がり、本当に良い状態で一軍デビューができたら、そこから活躍しますよ。レベルの違うピッチングを見せて、将来、海を渡ってメジャーでサイ・ヤング賞をも取れるだけの選手です。本当にすごいものを持っていますから。

no title

6: 名無しさん@恐縮です 2019/10/10(木) 16:56:49.38 ID:+YjWfRVO0
誉めてるようで実は即戦力には程遠いとおっしゃってる

7: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/10(木) 16:56:50.83 ID:swpPJ9/U9
奥川恭伸(星稜高)

苑田スカウト「藤川球児投手がプロに入ってきたときの球のよう」

 まず、ケガをしない体の強さに始まって、あれだけの速い球、耳の近くからしなっていく腕の振り、ホップするような球質、変化球、コントロール、スタミナ、大舞台での経験値、すべてにおいて言うことがないです。

 昨秋の明治神宮大会で見たときは、左足が突っ張っていて体重移動がうまくいかず、上体だけで投げている感じでしたが、それでも球速は147~8キロ。このフォームでその球速が出るとは、よほど体が強く馬力があるんだなと。そこから走り込んだのでしょう。ひと冬を越えたら、下半身がしっかりしてフォームも安定。まだ完全なフォームではないですけど、それがいいじゃないですか。まだまだいきそうな雰囲気……伸びしろがあって。

 球を低めに投げられることに加えて、あのホップしてくる球を投げられるピッチャーはなかなかいない。藤川球児投手(阪神)がプロに入ってきたときの球のようです。

 ピッチングのコツも知っているし、スライダーもフォークもいいですから、球種もこれで十分通用します。もし通用しなかったら、他の球種を覚えたらいい。ストライクゾーンの四隅の近くに投げるということも、教えてもできないことですが、それがすでにできているし、さらに微妙なコントロールはプロ入りしてバッターと対戦していく中で覚えていったらいいでしょう。

 1年目の最初から一軍で投げても勝てるだけのものはありますが、完全なプロの体ではないですから、まずはじっくり下(二軍)で走り込んで体を作って、オールスター前ぐらいから(一軍に)上げて、間隔を空けながら使っていったら、そこからでも7~10勝はできるんじゃないかと思いますね。


no title

8: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/10(木) 16:58:12.29 ID:swpPJ9/U9
大慈彌スカウト「メジャーに行って先発ローテに入れる」

 NPBで活躍した後に、メジャーに行って先発ローテーションに入れるだけのものがあるピッチャーですね。まず、球速がメジャーレベルでも及第点。球速だけではなく、あのホップする伸びのある球が、今のアメリカの野球に合います。アメリカは今、フライボール革命で、アッパースイングになっていますが、そこにその高めの強い球と、低めにコントロールできる球があったら十分通用すると思うんです。コントロールがないと勝てないのですが、奥川投手は高校生にして、コントロールがなかなか良い。変化球も良いし、やれますよ。

 フォームは「やや腰高で上半身だけで投げている」とも言われていますね。私も若干そうだなと思いますが、あの江川卓投手(元巨人)も腰高でした。それでも腕の振りは素晴らしい。まずは、このままでいいと思います。

 彼に関しては、甲子園、U-18侍ジャパンと肩肘の疲労が相当たまっていると思いますから、プロに入ってからも、慌てず、無理をさせないことですね。

 これまでも「甲子園優勝投手はプロで大成しない」と言われてきましたが、実際、あの夏場に決勝まであれだけの球数を投げたピッチャーの肩肘はかなり酷使されています。ものが良いからといって、すぐ一軍帯同させたりしないで、半年ぐらいは下でじっくり体の疲れを取ってから一軍に上げてやってほしいですね。ブルペンで、体の出来上がったピッチャーの隣で投げさせるのも、つい力が入ってガンガン投げて壊してしまいますから、そういうこともさせない。周りがちゃんと見てやれば、勝てるピッチャーになっていきますし、将来はメジャーでもできるでしょう。奥川投手本人にも、「将来はメジャーで活躍する」というところを目指してやってほしいです。


no title

12: 名無しさん@恐縮です 2019/10/10(木) 17:05:39.41 ID:37I7ykMI0
佐々木は正直、物が違う
怪我しなけりゃ全く問題ないだろうな

13: 名無しさん@恐縮です 2019/10/10(木) 17:06:38.57 ID:bxY6xRTYO
誰が見たってわかるよ

15: 名無しさん@恐縮です 2019/10/10(木) 17:07:49.30 ID:OVDTJXX2O
週刊ベースボール
ドラフト候補番付

no title

17: 名無しさん@恐縮です 2019/10/10(木) 17:10:15.02 ID:1Xv9DmKc0
>オールスター前ぐらいから(一軍に)上げて、
間隔を空けながら使っていったら、そこからでも7~10勝はできるんじゃないかと
思いますね。

こいつプロ野球知らねぇだろ 

20: 名無しさん@恐縮です 2019/10/10(木) 17:13:18.07 ID:yePPwtF+0
今は地方大会でも140以上投げる投手がゴロゴロいるから、大変だよな

21: 名無しさん@恐縮です 2019/10/10(木) 17:26:02.51 ID:9s10tLWm0
みんな忘れてるけど、大谷だって、大阪桐蔭打線相手にはノックアウトを食らってる。藤浪から豪快な一発は打ったけど

22: 名無しさん@恐縮です 2019/10/10(木) 17:53:25.57 ID:yezEtDpT0
奥川の方が即戦力になる

23: 名無しさん@恐縮です 2019/10/10(木) 18:02:28.96 ID:MCZBINFe0
超高校級だと思う( ー`дー´)キリッ

25: 名無しさん@恐縮です 2019/10/10(木) 18:06:21.35 ID:zsb8Sixb0
奥川の方が楽しみかな
四球出さないのが良い

31: 名無しさん@恐縮です 2019/10/10(木) 18:53:46.93 ID:26QAev/z0
奥川は高校生の中でプロが投げているって言われてたけど
地区大会の佐々木は高校生の中にメジャーがいるように感じた
巨人のスカウト部長がベタ惚れするのもわかる

37: 名無しさん@恐縮です 2019/10/12(土) 05:38:58.85 ID:fuHIfYp90
奥川はマーくん

佐々木はチャプマン

こんな感じ