転載元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1571011569/

fig19011713000003-p1

1: 名無しさん@おーぷん 19/10/14(月)09:06:09 ID:BYQ
せっかく清宮の息子なのに
ラグビーやってたら今頃日本の英雄になってたやろ

2: 名無しさん@おーぷん 19/10/14(月)09:06:41 ID:uyQ
次男も野球を選ぶという

4: 名無しさん@おーぷん 19/10/14(月)09:08:54 ID:4Wl
ラグビーの選手寿命どうなん

12: 名無しさん@おーぷん 19/10/14(月)09:11:25 ID:4Wl
>>4
さんがつ
平均はやきうと変わらんのね

10: 名無しさん@おーぷん 19/10/14(月)09:10:33 ID:uRm
>>4
怪しげなサイトやけどこんなん書いてあったわ

2.おもなスポーツ選手の平均引退年齢です。
水泳      21歳
サッカー    26歳
ラグビー    29歳
プロ野球    29歳
ボクシング   30歳
大相撲     32歳
競馬騎手    38歳
プロレス    42歳

11: 名無しさん@おーぷん 19/10/14(月)09:11:02 ID:SNf
>>10
ボクシングと相撲意外やな

5: 名無しさん@おーぷん 19/10/14(月)09:09:00 ID:BYQ
まあ、清宮がラグビーやってたら、4年前の五郎丸のような扱いをされて、日本のラグビーがこれ程の盛り上がりは見せなかったかもしれんけど

6: 名無しさん@おーぷん 19/10/14(月)09:09:23 ID:uyQ
稼ぎが段違いやし

14: 名無しさん@おーぷん 19/10/14(月)09:12:50 ID:BYQ
>>6
まあなあ
ホントのトップが1億円越えるスポーツは多いけど、
上位1割のレベルで1億円越えるほど稼げるスポーツは野球だけやしなあ

9: 名無しさん@おーぷん 19/10/14(月)09:10:21 ID:e3F
今の代表は足の速さ重要やから清宮は普通に代表落ちしてそう
どこのポジションやるのかにもよるやろうけど

25: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)00:38:38 ID:8IP
ポジションはプロップかフッカーや

26: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)00:40:51 ID:XCt
割と上背は伸びなかったよな182だっけ?

27: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)01:22:00 ID:8IP
184cmみたいやな
ラグビーならほぼどこのポジションもできるで

19: 名無しさん@おーぷん 19/10/14(月)09:39:04 ID:BYQ
ラグビーも社会人としてのプレーやなくプロ契約する選手が増えたらまた変わるんやろうけど

21: 名無しさん@おーぷん 19/10/15(火)18:40:55 ID:dsq
でもやっぱりラグビーは好きみたいやな



20: 名無しさん@おーぷん 19/10/14(月)22:41:35 ID:Xob
マジレスすると甲子園で投げてるてょに憧れたからやで

23: 名無しさん@おーぷん 19/10/15(火)21:22:17 ID:lb8
 1999年5月25日、清宮幸太郎は産声を上げた。父・克幸氏(50)は早大、サントリーで活躍した名ラガーマン。母・幸世さん(50)も慶大ゴルフ部の元主将。譲り受けた運動神経と大きな体はもちろん、両親からはアスリートとしての十分な教育も受けた。4歳から始めたラグビーと並行して陸上、テニス、水泳…。多くの慣れ親しむスポーツの中に、野球があった。

 幼少期には大きな転換点があった。もともと右打ちの愛息に、両親は左打ちを勧めたのだ。イチロー、松井秀、金本らが球界の主役。松井秀が一発を放った04年ヤンキースの開幕戦を東京ドームで観戦し「強打者は右投げ左打ち」との思いが強くなった克幸氏に、幸世さんも協力。“左の大砲”が誕生した。

 幸太郎は06年4月、早実初等部に入学。「早稲田大学でラグビーをしたかったので」という理由だった。だが、早実が初優勝した06年夏の甲子園決勝再試合を球場アルプスで応援。7歳の少年は、野球の魅力に引き込まれた。「自分の野球のきっかけは甲子園にある。印象に残っています」。高校時代、何度もそう振り返っている。

 小3時に軟式チームのオール麻布に入団。そして、小4時に大きな決断を下す。「ラグビーも大好きだったけど、競技人口が多い野球の方が切磋琢磨(せっさたくま)できると思った」。すでに同年代では頭一つ抜けていたラグビーを辞め、野球一本に絞ったのだ。

 克幸氏も野球を勧めた。幸太郎の考えに加え、別の理由もあった。アスリートとしての息子は、いわゆる速筋が強く持久力が少ないタイプ。ラグビーは、持久力が重視される時代になっていた。後に「自分のDNAを考えながら、息子たちが何に向いているのかは、ある程度わかる」と明かした父。適性を見極め「野球の方がいいところまでいけるのでは」と後押しした。
https://www.daily.co.jp/baseball/2017/10/27/0010680133.shtml

てょやな

24: 名無しさん@おーぷん 19/10/15(火)22:12:12 ID:6WG
パッパ有能すぎる