転載元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1586554868/

20200411-00619683-shincho-000-1-view

1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/04/11(土) 06:41:08.78 ID:Kiimc+w59
4/11(土) 5:57配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200411-00619683-shincho-base

 4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対象に緊急事態宣言が発表された。高校野球では春の選抜大会の中止に続き、全国各地で春季大会の中止が相次いでいる。唯一無観客ながら予定通りの日程を消化していた沖縄県大会も、ベスト4が出そろった時点で大会が打ち切りとなった。夏の全国高校野球についても予定通り開催できるか不透明な状況だが、もし開催される場合、この春の影響がどう出るのかを考えてみたい。

 中止が相次いでいる春季大会は、夏、秋とは異なり甲子園大会に繋がっていない大会である。そのため開催の是非が議論されることもあるが、チームや選手にとっては夏に向けての重要な調整の場であることは間違いない。特に、高校生の場合は冬のトレーニングによって大きく成長するケースが多く、秋季大会とはレギュラーメンバーが入れ替わることもよくあることである。練習や練習試合でもある程度見極めることはできるが、やはり公式戦でのプレーを参考にできないというのは選手にとっても指導者にとっても辛いところである。

 また、春季大会では、新戦力の1年生を積極的に起用するということもよく見られる。その1年生が春に自信をつけて、夏にもラッキーボーイ的な役割を果たすこともある。しかし、春の大会がなければ、ぶっつけ本番の夏にいきなり1年生を抜擢するということは難しくなるだろう。そういう意味では限られたチャンスを奪われた3年生、高校での華々しいデビューを狙っていた1年生、どちらにとっても厳しい状況と言えるだろう。

 次に大会自体にも影響が出てくる。今年初めて夏の大会にシード制を導入する予定だった大阪府だが、その参考となる春季大会が中止となったことで今年もシード制無しで大会が行われることになった。それ以外の地域でも、例年採用していたシード制を見直す地域が続出してくることが考えられる。

 2015年の大阪大会では大阪桐蔭と履正社がいきなり初戦でぶつかり話題となったが、このような強豪校同士がいきなり対戦するケースや、有力校が特定のゾーンに集中するような事態も出てくることが予想される。また、公式戦はどのチームも昨年秋以来ということになるため、思わぬ伏兵が勝ち進んで甲子園出場というケースが出てくることも十分に考えられるだろう。

 その一方で、チーム間の格差が広がることも予想される。現在、多くの学校が休校となっており、その影響を受けて自宅待機となっている球児も少なくない。自主的にトレーニングを行っているとはいえ、チームプレーなどができない点は大きなマイナスである。ただ、中には全体練習や練習試合を再開しているチームがあることもまた確かだ。公立、私立という単純なくくりだけではなく、学校によってその裁量は異なっており、チーム力をアップしていく春から夏にかけてのこの時期に実力差が開くということも大いにありうるだろう。

 もうひとつ心配なのが、選手のコンディションの問題である。冬の期間に基礎となる体力面を強化し、春からプレーの質を高めていって夏にピークを持ってくる、というのが理想的なパターンであるが、活動自粛となったことでせっかく養った体力、筋力が低下してくるケースも出てくるはずである。また前述したように全体練習が少なくなっているチームなどでは、試合中のプレーの“勘”が戻り切らずに、思わぬ怪我に繋がることもある。そうならないためにも、選手自身や指導者はいつも以上のケアが必要になってくるだろう。

 最後に重要なポイントになるのは、やはり選手のモチベーション面ではないだろうか。選抜に選ばれていたチームもそうでないチームも、なかなかシーズンが本格的に始まらず、やきもきした気持ちで日々を過ごしている選手は多いはずだ。選抜出場予定だった花咲徳栄(埼玉)は、開会式が予定されていた日にグラウンドで入場行進を行って一区切りつけたと報道されており、また他でも選抜でつけるはずだった背番号を渡したチームもあったと言われている。高校野球はプロや社会人と比べて技術的に未熟であるからこそ、メンタル的な面が大きく勝負を左右すると言われているが、今年は例年以上にその部分が重要になってくることが予想される。

 この苦難をどう乗り切り、最後の夏に照準を合わせてチームを仕上げられるか。そういう意味では本当に強いチームがどこなのかが、はっきりするのがこの夏なのかもしれない。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年4月11日 掲載

2: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 06:41:31.95 ID:Lip1CRIs0
無観客でやればいいんだよ

7: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 06:45:24.75 ID:UfK+14dK0
今って練習はしてるの

13: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 06:49:20.92 ID:bfwYOSyS0
このままなら夏もやらん可能性

17: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 06:51:26.49 ID:VNEC2mQn0
予選が無理だから、春の代表でやるしか

22: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 06:54:37.41 ID:0Zri1BMr0
今年の球児たちは心から同情するが高校野球のあり方を考え直すいい機会にしなきゃいけないと思うぞ
もう甲子園に固執する時代じゃないのはうすうす気がついてるだろ
炎天下でやらせたり過密日程を強要したり今変えないでいつ変えるんだ

29: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 06:57:41.12 ID:kH5OR6pM0
4月が休校で潰れたからな
高校生は覚悟してるだろ
これで夏休みはなくなったと

5月から日常に戻れても
夏休み返上で補習授業になるから
勉強優先で、あらゆる部活の大会は中止になるぞ

31: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 06:59:03.65 ID:DeZcBL5U0
今年の三年はかわいそうすぎるな

いや野球だけに限らないけど

60: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 07:12:22.16 ID:2eCaNJ/V0
今年の夏、来年の春はもうダメだろ
来年の夏も微妙だな

61: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 07:12:46.46 ID:zr+NGO/M0
無観客で試合やらせてやれよ
ただし、整列や声出し応援は禁止の無言野球
ベンチも最低3mは間隔を開け、ベンチ入らない人はグランド隅に3m置きに椅子を置く

74: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 07:17:55.55 ID:7G5duw5y0
>>61
せやな
バッターとキャッチャーも2メートルあけような

77: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 07:19:04.27 ID:M4N9TXVl0
感染リスクの観点から危ないと言う意見はまだ理解できる
こんな時期にとか他がやってないからとかは完全に非論理的でただの同調圧力
自粛ゲームやってるだけ

80: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 07:20:54.92 ID:rY6cVSMe0
>>77
そうだよ、プロ野球&Jリーグが綿密なプロセス立てて政府にお伺いして論理的に自粛ゲームをやめるまでは高校野球他のスポーツは自粛

123: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 07:39:13.74 ID:M4N9TXVl0
>>80
プロとアマは事情が違うだろ
プロは利益を上げるために集客が目的だがアマはプレー自体が目的だから無観客も何の問題ない
観衆さえいなければコロナ感染リスクは激減する

98: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 07:28:58.81 ID:p1lK9Q4v0
予選なんてやれるわけないからセンバツのチームで無観客でやるのが一番現実的だな
まあ一番現実的なのはやらないことだが

104: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 07:32:31.04 ID:SCrEHe3f0
夏が中止になったら3年生はさすがにかわいそうすぎるな
秋に延期できんのかね
まあそれまでにコロナが収束してんのが前提だけど

109: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 07:33:59.15 ID:ekbkImyq0
ていうか生活がやばくて野球どころじゃなくなる生徒も今後増えるでしょう

130: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 07:42:11.26 ID:PKJDT3ar0
スカウト今年が一番仕事がやりにくいだろうな

175: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 08:05:19.64 ID:uP3esIpI0
早いとこは6月下旬遅くても7月には夏季地方予選始まるから、それを判断するとなると梅雨前になるよな
無理だろ今年は

261: 名無しさん@恐縮です 2020/04/11(土) 08:31:02.66 ID:zH3o0WtU0
これで夏もだと今の3年は心底気の毒