12549_ext_01_0

 新任の日本ハム・谷内亮太内野守備走塁コーチ(32)が1日、エスコンフィールド北海道で秋季キャンプに参加し、指導者として初仕事に臨んだ。大勢のファンの視線を浴びながらノックを打ち、助言を送った。守備漬けのメニューを消化し、一日目が終了。「疲れました。あっという間でした。ノックの点数は(100点満点で)5点ぐらい」と冗談交じりに笑った。

 若手に慕われていた内野のスペシャリストがコーチとしての一歩を踏み出した。選手に寄り添い、対話を大切にするスタイル。鎌ケ谷で練習してきたノックもすぐに実践の機会が訪れた。「打球の質で選手がうまくなったり、チームが強くなることが全然ある」と肝に銘じ、バットを振った。
https://www.doshinsports.com/article_detail/id=12549